壁紙.jpg

For You (2017)

For You

この曲は、元々私自身がコンボなどで演奏しているジャズチューンで、大学卒業式当日の朝に書いたもの。大切な方々やその方々との思い出を想って書いた短いテーマである。このアレンジでは、ピアノのルバートによる序奏に続き、爽やかで柔らかなイーブンフィールのテーマが表れる。その後はピアノ、ユーフォニアムそれぞれによる短めのソロ、インタルードを経ると一気に感情が膨れ上がりクライマックスが表れる。ここではユーフォニアムによるM. ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」の引用にのせてピアノが熱く歌い続ける。そしてテーマで落ち着きを取り戻すと、温かで心地よい雰囲気の中曲は終わる。
なお、この版の初演は作曲者自身のCD「NASOTA」発売記念コンサートにて行われた。

【出版社】風の音ミュージックパブリッシング

YouTubeリンク