top of page
  • hidearai

「ソナタ第2番 イ短調 Op.26/J. ボワモルティエ」について

Updated: Feb 2, 2022

 続いては時代が遡って、フランスバロックを代表する作曲家ジョセフ・ボダン・ド・ボワモルティエによるソナタ。

 このOp.26はチェロまたはファゴットと通奏低音のための5曲からなるソナタ集の第2曲目で、急緩緩急の4楽章構成である。

 情熱的な第1楽章ならびにオーソドックスなアダージョの第3楽章の後にはそれぞれ第2楽章アルマンド、第4楽章ジーグと舞曲が配置された、バロック・ソナタにおける室内ソナタである。


 メロディアスで親しみやすく、大変優れた作品であると思うのだが、何故か本家のチェロやファゴットにも殆ど録音を見つけることが出来ない…。

 なお、今回使用している楽譜はMusica Rara出版、ロナルド・タイリー氏の編纂によるものであるが、ピアノ右手パートがシンプルながらも美しく絶妙で、楽譜として大変価値のあるものである。


🍽 🍽 🍽 🍽 🍽

You can see about Hidenori's 3rd album "Euphonium à la carte" at following link; 3rd アルバム「ユーフォニアム・アラカルト」についての詳細はこちらから

70 views0 comments

Recent Posts

See All

「アヴェ・マリア/A. ピアソラ」について

タンゴの革命児アストル・ピアソラによる「アヴェ・マリア」にはイタリア語の歌詞がついた歌曲の版と、映画「エンリコ4世」のために「Tanti Anni Prima(昔々)」というタイトルで書かれたオーボエとピアノによる版の2つがある。 当アルバムでは後者のオーボエとピアノのために書かれたものをお送りする。 説明はない。 言葉にできない美しさ。 🍽 🍽 🍽 🍽 🍽 You can see ab

Comentários


bottom of page